■ 団員・保護者の皆さんへ

①元気な挨拶から

団員の皆さんはスポーツマンです!

指導者・友達・学校の先生・少年団の保護者など、学校で会ったみんなには必ず「おはようございます」、「こんにちは」などの大きな声で恥ずかしがらずに挨拶をしましょう。まずは上級生が先輩としてお手本となるよう心がけてください。

 

保護者やOBの皆さんも子供たちから挨拶を受けたら気持ちよく大きな挨拶を返してください!

 

 

②いつも感謝の気持ちを忘れずに

健康な体でサッカーができる喜びと、感謝の気持ちを忘れずにいつでも力いっぱいサッカーを楽しみましょう!

 

 

③けじめのある態度

サッカーをしている時間は1日のうちでもごくわずかです。

一生懸命に真剣に取り組んでいる仲間のために、また自分自身のためにも

練習中はサッカーに集中しましょう!

 

練習前や練習後の悪ふざけやダラダラした態度が目につくことがあります。

まずは上級生がお手本になって、けじめのある態度で模範となって下さい。

 

また、練習の行き帰りなども交通ルール・マナーを守り寄り道などを

しないように練習が終わったら、速やかに帰りましょう。  

 

 

 

■保護者の皆さまへ

【父兄間の挨拶】

挨拶の大切さは既に皆さんお分かりのことと思います。

子供たちに対してもしかりですが、出来る限り声による挨拶をお願いいたします。

 

子供たちに先輩後輩はありますが、保護者父兄には少年団内での上下関係は もちろんありません。

たがいに思いやりを持って団を盛り上げていきましょう。

 

 

【心配で手を出しすぎる?】

どうしても子供が心配で、なんとなく子供自身が考え、行動すべき部分に

手をかしてしまう保護者の皆さん。

 

お気持ちはとてもよくわかります。

多かれ少なかれ保護者であれば、必ず沸き起こる当然の気持ちです。

 

少年団では少年期のサッカーの技量はもちろんのこと、これから来るであろう

思春期の自立に向けた自覚と行動、そして仲間を思いやる、社会性を身につけ

るスポーツマンシップを大切に育んでいます。

 

1、2年生などの低学年のうちはある程度仕方のないことかも知れません。

 

どうしても手を出してしまいたくなることもあるかと思いますが、敢え我慢をして子供たちに任せ、様子を見ることも必要かも知れません。

 

子供がやるべきことについつい手を出してしまうことで、それが当たり前にな

ってしまうこともありますので、なるべく子供自身に考えさせ、行動させるよ

うご協力をお願いいたします。

 

ただ、コーチが子供のために行う行為そのものはご父兄が手助けをおこなう

事とは違い、「ベンチワーク」の一環、または「指導」の一環でもありますので、

何卒ご理解ご協力くださいますようお願いいたします。

 

 

 

■参考

子供に対する接し方や見守り方についてわかりやすく記載しているハンドブックです

プレーヤーズファーストという言葉をご存知でしょうか?直訳すると“選手第一”ということですが、日本サッカー協会でも、とくに少年サッカーで、この“プレーヤーズファースト精神”の啓発をしています。

親としてはついつい我が子のプレーに熱くなってしまったり、ついつい心配で手伝いをしたり、子供自身で出来ることに過剰に手を出してしまいがちですが、試合中の応援や日頃のアドバイスなども、プレーする子ども第一になっているか、一度立ち止まって考えてみてもいいかもしれません。


というわけで、日本サッカー協会が発行しているハンドブックを掲載しました。参考にしてください。

プレーヤーズファーストハンドブック
playersfirst.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 10.1 MB
めざせベストサポーター
best_supporter_book1.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 14.4 MB

 

 

 

■4級審判員資格取得について

4級審判員資格は、経験の有無や年齢を問わずどなたでも取得可能な資格です。

 

県内の会場で定期的に講習会が行われております。

講習会はおよそ半日。講習と実技、ビデオ観賞、筆記試験があります。

*会場のつごうにより実技がない場合があります。

 

審判員資格取得はこどもたちのサッカーに触れ合える機会にもなり、また

少年団運営を支えていただく事にもつながります。

 

正しいルールの理解のためにも、この機会に是非取得をされては如何でしょうか?

 

詳細は下記を参照下さい。

 

http://www.jfa.or.jp/coach_referee/referee/index.html

http://www.jfa.jp/jfatop/kickoff.html